×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TBGZ.とは


2002年9月、作・演出のミヤザキカヅヒサを総帥として札幌学院大学劇団SON'sSUNのOB.OGを中心に結成。
「リアル・シュール・ロックンロール」をモットーに、唯一無二の「何だかわからんが、何だかスゴイ」作品づくりを行う。
2009年より劇団を解体し、ミヤザキカヅヒサの個人ユニットとして活動していたが、2010年8月より、再度劇団化。
劇団・ユニットとしての活動のほか、一人芝居として数々の作品を発表。教文演劇フェスティバルの短編演劇祭や、札幌のアマチュア芸人達とのコントコラボ、シアターZOO演劇祭にも参加し、精力的な活動を続ける。

2013年5月をもってミヤザキカヅヒサが劇団を離れる。 同時に劇団名をTBGZ.と改め、高橋未和と八十嶋悠介の二人体制となる。

劇団名について

2002年 THE BIRDIAN GONE STAZZIC
2003年~2006年 THE BIRDiAN GONE STAZZIC
2007年~2009年 THE BIRDiAN GONE STAZZIC.
2010年~2013年5月 TBGS:THE BIRDiAN GONE STAZZIC.
2013年6月~ TBGZ:The Birdian Gone staZZic.
この通り、マイナーチェンジを繰り返している。ちなみに、
・無駄に長い
・造語を多用
・iだけ小文字
という非常にややこしい劇団名から「TBGS.」と略されてきたが、2013年略称を「TBGZ.」に変更し、さらにややこしさが増しているという。
「TBGZ.」は「ティー・ビー・ジー・ズィー」。ピリオドは必須。

作品について
「鬱性の高さ」が特徴。短編作品ではより濃度が高まると言われている。女性を主人公にした作品が多い。
また、作中ではビンタが高確率で登場する。

その他
バリアフリーな公演の方針のもと、車いすのかたでも気軽にご来場いただけるように、介助者無料の料金設定や、劇場側とも協力の上、見やすい客席作りを心がけている。

高橋 未和

○営業部長 TBGZ.の核弾頭。役者・衣装・小道具等を務める。
旗揚げ当時より参加していたが、2005年より正式に入団。
人見知りな総帥に代わり、対外的な交渉を引き受けたりしている。
人見知りせず、人当たりは非常にいいが、毒舌とぶっちゃけトークがひどい。
何の営業部長かは内緒。

  • TBGZ.での出演歴
  • 2003年 2nd『A LIVING DEAD BLUE$』
  • 2005年 3rd『化猫 BEET, 少女 matiC』
  • 2008年 教文演劇フェスティバル 短編演劇(プチ)祭『1×1ROOM』
           7th『Happy End is Dead!Dead!Dead!』
  • 2009年 8th『徒花』
  • 2010年 教文短編演劇祭2010予選『117』
  • 2011年 Sapporo Show-Case札幌短編演劇祭『117Ver.2.6』
  • 2012年 Sapporo Show-Case2012『躯腋~キミの唾』
          教文短編演劇祭2012『愛のテーマ』
  • 2013年 10th.『体液』
          教文短編演劇祭2013『マグカップダイアリー』
          欠点Ⅴ『117』
  • 他団体出演歴
  • 2012年 AnemoiVenti『LE CALMANT(ル カルマン)』
    テアトロリストランテ マイペース『ハナ』

八十嶋 悠介

執事長 TBGZ.の草食系男子。役者・演出部・宣伝美術・ウェブ等を務める。
2009年より参加していたが、総帥からの執拗な勧誘により、2012年正式に入団。
怯えた子犬の様な容姿だが、声は素敵なバリトンボイス。
だが、滑舌は悪い。 でも、いい奴なんですよ。

  • TBGZでの出演歴
  • 2009年 8th『徒花』
          教文短編演劇祭2009予選『キラービーチ』
  • 2010年 教文短編演劇祭2010予選『117』
  • 2011年 9th『可愛そうなアノコ』
  • 2012年 Sapporo Show-Case2012『躯腋~キミの唾』
          教文短編演劇祭2012『愛のテーマ』
  • 2013年 10th『体液』
          教文短編演劇祭2013『マグカップダイアリー』
          演出・出演
          欠点Ⅴ『117』
  • 他団体出演歴
  • 2009年 P3『A LIVING DEAD BLUE$』
  • 2010年 4+『ジレンマ』
  • 2012年 マイペース『彼はもうダメかもしれない、』出演
          テアトロリストランテ マイペース『ハナ』作・演出・出演
  • 2013年 BLOCH FRESHBAL 2013 マイペース『ナイスバッティング』作・演出
  • 2016年 遊戯祭16〜聴かせておくれ清志郎〜 マイペース『ロックンロール捨てる』作・演出※最優秀賞受賞

ミヤザキカヅヒサ

総帥 TBGS.の主宰者。ほぼ全作品の脚本・演出を務める。
1981年、茨城県の片田舎に生を受ける。 中途半端な自然に囲まれすくすくと育っていたが、高校時代に深夜ラジオに嵌り、少しずつおかしくなる。 その後、進学のため北海道に来て演劇に出会ってしまい、完全に人生がおかしくなり、今に至る。
2013年6月より劇団を離れ、休団中。

  • 主な外部活動
  • 2006年 yhs『THE KING OF ROCK AND ROLL』脚本・演出
  • 2008年 P3『ダンス・タイム・ダンス』脚本
  • 2009年 劇団ギャクギレ『Tango』内『覚める!』演出
  • 2010年 LESS THAN CREATOR『嘘、偽りなく。何時 果てるとも無く。』脚本・演出
  • 2011年 パインソー『かせつ×くつがえす試練、10と54乗』脚本参加